「海外・国内旅行保険」が付いてくるカード

旅行に行く際、特に海外旅行に行く場合には、ほとんどの人が海外旅行傷害保険に加入してから出発されると思います。

一週間程度の旅行では、保険会社や補償内容によって若干の差はありますが、近隣のアジア諸国やヨーロッパなど行き先を問わず、だいたい安くても3000円前後から数千円程度の保険料になるケースが多いようです。

このような保険料を節約するために、クレジットカードを利用する手があります。

クレジットカードにはさまざまなサービスや補償が付帯しているものですが、中には旅行保険が無料で付帯されているカードがあります。付帯の際の条件には、カードを契約している、つまり持っているだけで補償が受けられる自動付帯と呼ばれるケースと、旅行代金をそのカードで支払った場合に補償が受けられる利用付帯と呼ばれるケースがあります。利便性を考えればなんといっても自動付帯のカードがおすすめですが、利用付帯の場合でも、条件を満たせばきちんと補償が受けられますので、付帯条件をよく調べてもれなく補償が受けられるように注意しましょう。
例えば三井住友VISAカードクラシックなら本会員・家族会員ともに最大2000万円の海外旅行保険が付与されます。VIASOカードは最高2000万円の海外旅行保険に加え、最大100万円のショッピング保険が付いて年会費も無料です。

補償内容は、最高2000万円程度となっている場合が多いですが、ゴールドカードでは5000万円の補償が付帯しているカードもあります。数は少ないですが、国内の旅行傷害保険がついてくるカードもあります。カード一枚分の補償で不十分なら、複数枚所有しておくのもおすすめ。年会費無料カードならさらにお得感が際立ちます。