ライフカードvs楽天カード メリットを比較


両方に共通するメリットと言えば・・・

ライフカードと楽天カードに注目したあなたは、ある意味クレジットカードに少々うるさい人かもしれませんね。このふたつのカードは、どちらもポイントがザクザクたまるカードとして、定番中の定番と言えるカード。クレジットカードマニアにとっては、どちらをどのように使うかは、気になるところ。また、ポイントをもれなくゲットするための情報集めも欠かせません。

ライフカードと楽天カードの気になるメリットを、徹底的に戦わせてみましょう!

【その1】ポイントのたまり方で比較!

クレジットカードを持つメリットで、もっとも分かりやすいことと言えば、利用料金に応じたポイント還元。いろいろな比較サイトで「ポイント還元率」という数字が取り上げられており、もっとも平均的な還元率は0.5%となっています。

つまり、

・1000円の利用で1ポイント=5円分のポイント還元 
・ 200円の利用で1ポイント=1円分のポイント還元
・100円の利用で0.5円分のポイント還元

このように表示されている場合は、ポイント還元率が0.5%と言うことになり、もっとも平均的な設定といえます。この数字を覚えておいてくださいね。

さて、ライフカードと楽天カードのポイント還元は、このようになっています。

ライフカード 楽天カード
基本のポイント付与 1000円で1ポイント=5円換算
(ただし100円で0.1ポイント付与で計算される。)
100円で1ポイント=1円換算
基本の
ポイント還元率
0.5%還元 1%還元
(通常の2倍の還元率)
キャンペーンなどでのポイントUP
  • 誕生日月は5倍ポイント
    →1000円で5ポイント=25円換算
    (還元率2.5%)
  • 入会後1年間は1.5倍ポイント
    →1000円で1.5ポイント=7.5円
    (還元率0.75%)
  • 年間50万円以上の利用でボーナスとして300ポイント(1500円相当)
  • さらに年間利用50万円以上で翌年ポイントが1.5倍
    →1000円で1.5ポイント=7.5円
    (還元率0.75%)
  • 年間利用150万円以上で翌年ポイントが2倍
    →1000円で2ポイント=10円
    (還元率1%)
  • ・ETCでも通常ポイント付与
  • ・ポイントアップサイトあり
  • 楽天市場での利用は2倍ポイント
    →100円で2ポイント=2円
    (還元率2.0%)
  • 月に2回、10倍ポイント
    →100円で10ポイント=10円
    (還元率10.0 %)
  • ポイント加盟店の利用で最大3倍
    →100円で3ポイント=3円
    (還元率3.0%)
  • 楽天ダイニング加盟店で最大2倍
    →100円で2ポイント=2円
    (還元率2.0%)
  • 随時入会キャンペーンで5000ポイントサービスなどあり
  • ・その他ポイントアップキャンペーンが多数
  • ・ETCでも通常ポイント付与

通常利用においてのライフカードと楽天カードのポイント還元率は、それぞれ0.5%と1.0%となっており、これだけ見ると楽天カードの圧勝のように見えます。

しかし、ライフカードには誕生月の利用が5倍ポイントと言う切り札が。これは誕生日のある月、まるまる1か月間の利用分が、すべて5倍ポイントの対象になるというサービスです。ライフカードに申し込む人の多くが、このサービス目当てと言っても過言ではありません。

「1年に1か月間だけなら、大したことない」と思うかもしれませんが、1年分を一括払いに出来るものって意外と多いですよ。生命保険や医療保険、自動車保険などの保険類や、NHK代金、通信教育費などといった固定費を、すべて誕生月に一括払いにしてしまえば、かなりのポイント獲得が見込まれます。家電や家具といった高額買い物を、まとめて誕生月に済ませるのも一手ですね。1000円以下の金額に対しても、切り捨てではなく、100円で0.1ポイントが出ることも、うれしいです。

さらに入会後1年間は、通常ポイントが1.5倍になり、その間の誕生月は1.5倍×5倍=7.5倍。1000円の利用で7.5ポイント=37.5円分が還元され、還元率3.75%の超高還元カードに変身します。

一方、楽天カードは通常のポイント率が1%と高還元率になっているところに注目。毎月の光熱費や保険料などの支払いを楽天カードでまとめてしまうだけで、一般的な0.5%還元のクレジットカード支払いよりも2倍オトクになります。

また、入会時など各種キャンペーンが多いことも特徴。楽天市場での利用は常時2%還元のほか、ネットショッピングだけでなく、提携している飲食店や各種店舗などでも、ポイントアップ可能です。

ただし、キャンペーンでの増額ポイントは受け取り期限が定められていたり、増額ポイントに利用期限があったりします。その都度エントリー方法を詳しく確認する必要があり、これを面倒と感じる人もいるようです。

通常のポイント獲得で言えば圧倒的に楽天が有利ですが、ライフカードはわかりやすい仕組みでどんどんポイントがたまります。誕生月専用のカードとして持っておくのもオススメです。

【その2】マイラーは要チェック!交換レート

クレジットカードのポイントをマイルに変換して、旅行やビジネス、長距離の帰省などに活かしている人にとって、ライフカード・楽天カードはメリットがあるでしょうか?

本気のANAマイラーなら必ずチェックしておきたいのがライフカード。クレジットカードのポイントを、手数料無料でマイルに移行可能です。

さらにマイルへの交換レートが、業界最高レベルの1ポイント=3マイルの設定です。

ANAマイルを貯めるのにもっとも適したカードは、言うまでもなく、ANAカードです。ANAカードでは1000円の利用につき1ポイントがたまります。またマイルへの交換は

■5マイルコース(手数料無料)・・・1ポイント=5マイル
■10マイルコース(年間手数料6480円)・・・1ポイント10マイル 
となっており、交換レートは最大です。

ライフカードの1ポイント=3マイルのレートは、ANAカードに次ぐ高レート。しかも、誕生月に限って考えると、

通常は1000円で1ポイント=3マイル → 誕生月は1000円で5ポイント=15マイル

つまり、1か月間だけはANAカードの10マイルコースを超える交換レートが、手数料無料で実現してしまうんです。本気のANAマイラーが、サブカードとしてライフカードをよく保有している理由が分かりますね。

一方楽天カードのポイントも、ANAマイルに交換することが可能で、2ポイント=1マイルの交換レート。つまり、1マイルあたり200円の利用が必要、と言うことは・・・

1000円の利用で楽天ポイント10ポイント=5マイル

つまり、通常のポイント還元では、楽天カードのマイル交換レートも破格に良くなっています。ただし、楽天のポイントでマイルに変換できるのは、通常ポイントのみ。キャンペーンなどで付与された期限付きのポイントは、マイルに交換できません。

このように、マイル変換レートについては、通常レートなら楽天カードがオトク。しかしライフカードで誕生月の5倍ポイントをうまく使うと、結果的に1000円の利用で15マイルと言う破格の高レートが実現できます。

【その3】どちらが使いやすい?ポイントの交換方法

貯めたポイントの使い勝手でいうと、やはり楽天カードを楽天市場で利用するのが一番手軽で取りこぼしのない方法です。1ポイント=1円と言う分かりやすさで、表示されるポイント残高分をすぐに利用することが可能です。言い替えると、楽天市場の中の商品が、すべてポイント交換の対象になったようなもの。そう考えると、選択の幅の広さは群を抜いている感がありますね。

しかし、ライフカードにも切り札があります。

まず、ポイントからダイレクトに電子マネーVプリカか、アマゾンギフト券への交換が可能です。
アマゾンギフト券へは、1000ポイント(5000円分)→アマゾンギフト券5000円分と、損なく交換。
またVプリカへは590ポイント(2950円分)→Vプリカ3000円分、と少々レートがオトクになっています。

Vプリカとはネット専用のVisaプリペイドカードのことで、ネットショッピングの際に、クレジットカードと同じように利用できます。実際のプラスチックカードが発行されるわけではなく、会員専用ページで番号や残高が管理されます。利用の際にはカード番号をコピペで入れればよく、万一悪用されても入金されている残高を超えて被害に会うことはありません。

安全で使い勝手が良いので、実はポイント交換だけでなく、誕生月にVプリカを買いだめする人が続出。Vプリカ自体にポイントサービスはありませんが、実質的にライフカードの方で5倍ポイントがついています。

また、ライフカードのポイントで予想外の使い方が・・・。あまり知られていませんが、ライフカードのポイントは、実は楽天スーパーポイントに移行可能です。しかも、300ポイント(1500円分)=楽天スーパーポイント1500ポイント(1500円分)と、変換レートもまったく同等です。

これを知ってしまうと、本当のクレジットカードマニアなら、ライフカードとedy付きの楽天カードのダブル持ちが現実的になってきます。

【その4】電子マネーと相性が良いのは・・・

さて、電子マネーにチャージした際に、ポイント付帯されるカードが実は少ないのをご存じでしょうか。
クレジットカードの利用分と、電子マネーのポイントの2重どりをしよう、ともくろむ人は多いですが、世の中そんなに甘くありません。

しかし、実はライフカードはチャージ時にポイント付帯OKの電子マネーがあります。

【ライフカードでチャージしてポイント付与可能な電子マネー】
楽天edy ・  モバイルSuica ( visa/masterのみ)  ・ nanaco(JCBのみ)

楽天edyへのチャージでも、ポイントが付帯されるところに注目です。ただしedyへのチャージではポイントが半減(1000円で0.5ポイント)してしまうほか、誕生月5倍などのポイントアップも適応されませんので、ご注意ください。

ライフカードと電子マネーの組み合わせで特におすすめなのは、nanacoとの組み合わせ。チャージ時にライフカードのポイントが通常通り(各種キャンペーンも適応)付与されるほか、nanaco利用時にも100円で1円相当のポイントが付きます。まさにポイントの2重どりが可能になっています。

楽天カードは楽天edyが一体化しているのでさぞかし使い勝手が良いかと思いきや、実はクレジットカードに付属しているedyには、通常現金でしかチャージできません。どうしても一体化しているedyに入金したければ、USB型の専用のedyリーダーを購入し(1852円プラス送料)、パソコンでの操作が必要です。

気軽に楽天カードでチャージできるedyは、おサイフケータイ(edyアプリ)のみなので、edyリーダーまで購入していちいちパソコンで操作するのが面倒な人は、edy部分をアプリで管理した方が楽でしょう。

また、edyチャージ時はクレジットカードポイントはつきませんので、ご注意を。

【その5】年会費・保険・安心サービスなど、どちらがオトク?

そのほか、年会費などの気になる情報をまとめてみました。

ライフカード 楽天カード
年会費 無料 無料
家族カード 無料
【注意】ただし誕生月5倍ポイントをそれぞれ獲得するためには、あえて家族カードにしない方がオトクです。(夫婦で1枚ずつ申し込めば、年に2ヵ月5倍ポイント)
無料
ETCカード 無料 540円/年
ただしプレミアムカードの付帯する場合か、プラチナステージの場合は無料
付帯保険 旅行保険なし 海外旅行保険最高2000万円
(旅行代金を楽天カードで支払った場合のみ付帯)
安心・安全サービス 盗難保険あり
ショッピング保証なし
盗難保険あり
ネット不正や商品未着への安心制度あり

双方ともカードの盗難保証が付いていますが、購入品の破損などに対応するショッピング保証は付帯していません。無料カードでポイント還元などのサービスを手厚くしている分、削られている部分が多少あります。

楽天カードのメリットでは、無料カードであるにも関わらず、海外旅行保険が付帯しているのを押さえておきたいですね。旅行代金を楽天カードで支払えば、自動的に対象となります。

【まとめ】

ライフカード・楽天カードをじっくり比較すると、やはりポイントの貯めやすさが双方とも際立っています。トータルでどちらがオトクになるかは利用法用にもよりますので一概には言えませんが、

◎ポイント活用のためのサブカードをお求めの方は
 ⇒誕生月の5倍ポイントを生かせるライフカード。
◎メインカードとして積極的にポイントをガツガツ貯めて行きたい人は
 ⇒使い勝手No1でトップレベルの高還元率、楽天カード。

というのが一般的な傾向ですし、管理人もこの2枚をメインで使っています。

ポイント交換や電子マネーなどとの相性は、どちらも一長一短です。自分の使い勝手を考えて選ぶと良いでしょう。

双方のメリットを比較したところで一言。どちらも無料カードなので、2枚持ちもオススメします。

→ライフカードの申し込みはこちら

→楽天カードの申し込みはこちら

今ならもれなく、入会とご利用で6000円相当のポイントをプレゼント!くわしくは公式サイトで

楽天カードのお申込みはこちら