「ポイント」は還元率で徹底比較!

クレジットカードを節約に生かす最大のメリットのひとつは、やはりポイントがたまるということでしょう。

ポイントは最終的に「景品に変える」や「商品券などに変える」「電子マネーに変える」「マイルや他社ポイントに変換する」「キャッシュバックが受けられる」などの還元方法があります。しかし、クレジットカードによってポイントが付帯される単位が異なっているので、パッと見ただけではなかなかどちらがお得かわからない場合があります。たとえば1000円で1ポイントのものと、100円で1ポイントのカードを比較するには、それぞれ何ポイントでいくらのキャッシュバックや金券換算になるのかが重要です。

「ポイント2倍!」で本当におトクなの?ポイント比較には「還元率」を徹底チェック!

各社バラバラなポイントの付帯条件ですが、本当にポイント比較をするのにはポイント還元率という数値を比べるとよくわかります。

たとえば10000円購入した際のポイント分が、500円分の金券に変換できる場合は、還元率が0.5%という計算になります。支払った額の何%が最終的に変換されるかという数値になりますので、還元率を比較することによって、ポイント付帯の単位に惑わされずに、ポイントのお得なカードを探すことが出来ます。

平均的なポイント還元率は0.5%程度で、1%あればクレジットカードとしては優秀です。

基本的なポイント還元率を押さえたうえで、よりポイントがたまりやすい工夫があるかどうかをチェックします。日にちや曜日でポイント倍率が変わるカードや、期間限定でポイントアップになるカード、キャンペーンが多くエントリーすればポイントアップのチャンスがたくさんあるカードもあります。

例えばオリコカード ザ ポイントなら通常時でも還元率1%の高還元カードで、入会後半年間は還元率2%に倍増します。REX CARD(レックスカード)は還元率1.75%と業界内で最高ランクの還元率を誇ります。さらに価格.comを利用すれば還元率は2%に、リボ払いなら2.25%になります。セブンカードプラスならセブン&アイグループでの利用で還元率1~1.5%となります。

そのほか、ポイントが通常以上に付帯されるショッピングサイト(オリコカードが運営するオリコモールなど)をたいていのクレジット会社は開いていますので、そのサイトを経由すれば、いつものお店の利用でボーナスポイントが付帯されます。

実は高還元につながる!100円単位からポイント還元されるカード

クレジットカードのポイントは、1000円で1ポイントに設定されているケースがとても多くなっています。
このような1000円単位でポイント付与される場合は、たとえば1900円の利用でも900円分は切り捨てられて、1000円分の1ポイントの付与しか受けられません。

しかし、探せば100円単位を無駄にせずポイント付与してくれるカードがあります。

ライフカードはカードのスペック表では1000円で1ポイントの表記になっていますが、実は100円で0.1ポイント付くようになっています。
これなら、たとえば先にあげた例では、1900円の利用で1.9ポイントとなり、その差1.9倍にもなります。楽天カードは100円で1ポイント付与されるので、100円単位で無駄なくポイントが貯まる上、貯まったポイントも1ポイントから使用できます。

うっかり失効はもったいない!要チェックの「ポイント有効期限&交換方法」

苦労してせっかく貯めたポイント、でも多くのクレジットカードでは、景品などへの交換期限が2~3年程度に設定されていることが多いようで、知らぬ間に失っていることだけは避けたいもの。自分の使っているカード・使ってみたいカードはポイントの有効期限をぜひチェックして下さい

楽天カードはポイント期限1年とありますが、1年に1度の利用でポイント期限が1年延長になりますので、継続的に少額でも利用があれば、実質的にポイント期限なしのカードと言えるでしょう。

貯まったポイントをどのように交換して利用するのかも重要なポイントです。
オリコカード ザ ポイントは貯まったポイントは500ポイントから交換可能で、Amazonギフト券や楽天ポイント、マイルなどと交換できます。セブンカードプラスなら貯まったポイントをnanacoにチャージできます。全国の加盟店で使える電子マネーなので使い勝手が良く、使い忘れることも少ないのでnanacoユーザーにとっては絶対に持っておきたいカードとなっています。