アメリカン・エキスプレス・カード

ビル・ゲイツ、パリス・ヒルトン、バフェットも!
本物のお金持ちが選ぶのは、結局グリーンカード
カード紛失時も安心。海外でも原則翌営業日再発行

決済とポイント還元のために持つのであれば、年会費無料のカードで十分。アメックスはトラベル&エンタテインメント系の特典が充実。自宅⇔空港間のスーツケース配送が何回でも無料、空港ラウンジの利用も同伴者1名まで無料、海外でのカード紛失時にも現地で緊急再発行してもらえるなど、ストレスフリーで旅行を楽しめます。

そして、AMEXの最大のメリットはトラブルなど何かあった時の対応が抜群に速くて良いところ!アメックスのグリーンカードは一般的なゴールドカード以上の待遇やサービスを受けられます。1枚で万能なカードというより、サブのカードとして、もしくはステイタスとして持つのに最適なカードと言えるでしょう。


年会費12600円還元率0.4%~1.0%マイレージほか14社と提携
発行期間約3週間国際ブランド海外旅行保険最高5000万円
ETC実質無料(初年度無料・年1回の利用で2年目以降も無料)利用枠個別に設定国内旅行保険最高5000万円
電子マネーなし電子マネーチャージポイントなしショッピング保険など最高500万円

アメリカン・エキスプレス・カードが選ばれる理由

  • アメックスのグリーンカードは一般的なゴールドカード以上の待遇
  • 海外でのトラブルもすぐに解決。日本語OKの24時間トラベルデスク
  • 手荷物配送が何度でも無料! 空港でのサービスがスゴ過ぎる
  • リターン・プロテクションで販売店に断られた返品も安心!
  • JCBとの加盟店連携でますます便利に! ポイントも意外と貯まる

おすすめポイント① アメックスのグリーンカードは一般的なゴールドカード以上の待遇

「アメックスって何となくカッコいいよね」と思いつつも、ポイント還元率や割引はどうしても気になってしまいますよね。アメックスの還元率は一般的なカードと同程度の0.5%前後。「え… それに年会費12600円も払うなんて、ありえない!」と言う前にちょっと待って! アメックスは一般的なゴールドカード以上の待遇を受けられるんです。

一般的なゴールドカードのサービスは、空港ラウンジの無料利用や、ホテルや航空券、劇場等の各種手配、各種保険の補償額アップなどですが、アメックスのグリーンカードがどのくらいサービスがいいのか、あらためて見てみましょう。

<空港ラウンジ利用可能! しかも同伴者1名まで無料>
アメックスを持っていれば、国内27空港、海外2空港(ホノルル、仁川)の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能です。空港ラウンジはフリーのソフトドリンクやインターネット環境、FAXやコピーもあるので、出張の時にも嬉しいですよね。空港ラウンジ無料は、一般的なゴールドカードにもついていることの多い特典なのですが、同伴者は使えなかったり、使えても有料だったりするので、同伴者まで無料なアメックスは好印象です。

さらに国内外600ヶ所以上の空港ラウンジを同伴者1名まで1回27米ドルで利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料にて登録できます。これも通常は99米ドルかかるので、10000円以上の権利があらかじめついていることになります。

<旅行の手配も電話1本でOK! 各種手配も優待サービスが嬉しい>
航空券・ホテル・レンタカー・鉄道・パッケージツアーなど、電話1本で旅行の手配をしてもらえます。他にも一般販売より早いチケット販売や、特別席の確保などもあります。ゴルフ・デスクを使えば全国1100以上のゴルフ場のスタート予約も取れるなど、各種手配サービスも充実しています。

<旅行傷害保険は最高5000万円まで対応>
海外旅行保険は、航空券やツアー代をアメックスで支払うことが前提にはなりますが、死亡・後遺障害で最高5000万円、賠償責任3000万円、治療費用100万円の他に救援者費用として200万円まで保険でまかなえます。

<ショッピング・プロテクションも最高500万円まで対応>
AMEX で購入した商品について、破損や盗難などがあった時に購入から90日間、500万円まで補償されるショッピング・プロテクション。買ったばかりの洋服をひっかけて破いちゃったとか、プレゼントした花瓶が壊れた… という時に使えるものですが、これって一般カードではついてないこともあるサービスだし、ついててもゴールドカードでも100万円、多くても300万円というのが一般的。なので、アメックスが一般カード(グリーン)で500万円までつけているのは結構スゴイ。他にも、おすすめポイント④で詳しく説明する「リターン・プロテクション」など、返品も15万円まで補償されるので安心です。

おすすめポイント③ 手荷物配送が何度でも無料! 空港でのサービスがスゴ過ぎる

AMEX のサービスは海外への出発点でもある空港でも充実しています。おすすめポイント①で挙げた「空港ラウンジの無料利用」以外にもたくさんのサービスがあります。きっちり使いこなせば、12600円の年会費は十分ペイ出来て、むしろおつりがくるくらい。代表的な特典を紹介しますね。

<手荷物無料宅配サービス:年間何度でも無料>
海外旅行の重たいスーツケースを持っての移動はわずらわしいものですよね。 AMEX なら、自宅⇔空港間のスーツケースの無料配送サービスがあるので、出発前にも帰国時にも無駄な体力を使わなくて済みます。特に帰りは旅の疲れがドッと出てくるので、ありがたいです。スーツケースって大きいし重いので、自分で送るとなると送料が3000円くらいするんですよね。だから、1回旅行に行くだけで往復で6000円くらいお得! しかも、年に何度でも使えるので、旅行回数が多ければ多いほどお得な特典です。(対象空港:成田、羽田、中部、関西)

<無料ポーターサービス>
空港内での移動は、ポーターサービスに荷物を任せられます。スーツケースの宅配サービスを使わなかったとしても、前日までに電話予約すれば空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札まで、専任スタッフが荷物を運んでくれます。小さいことかもしれないですが、スーツケースをゴロゴロしなくていいのは、出発から気分よく過ごせてイイですよ。

<エアポート送迎サービス:空港まで格安タクシーで移動>
年間2回までという制限がありますが、利用可能地域内の指定場所と空港間の送迎タクシーが定額料金となります。しかも、格安です。たとえば、三鷹から成田空港に行こうとすると、一般的なタクシーだと35000円くらいするのですが、これが14000円の定額料金となります。その差、なんと21000円もお得!これだけで年会費12600円は元が取れちゃいますね。

<空港クロークサービス>
乗継便の待ち時間などに空港内の手荷物預かり所で荷物を無料で預かってもらえるサービスです。海外では、どうしてもショッピングで手荷物が多くなりがち。預かってもらえると身軽にショッピングや食事ができて楽ですよ。

<エアポート・ミール>
対象の航空券をAMEX で購入すると、羽田/伊丹空港内の対象飲食店で使えるエアーポート・ミール・クーポンを1000円相当分もらえます。

おすすめポイント④ リターンプロテクションで販売店に断られた返品も安心!

私も普段アメックスを使っているのですが、契約を迷ってた時に背中を押してくれたサービスが「リターン・プロテクション」でした。これってホントすごくて、購入から90日以内の商品であれば、お店に返品を断られてもアメリカン・エキスプレスに返品できるんですね。ネットショップなどで購入後に、「間違えて買っちゃった」と気付く時ってあるじゃないですか。未開封であればたいていのショップは送料自己負担で返品に応じてくれるけど、一部のお店では「何があっても返品不可」と断られたりします。ショップの規定だから仕方ないけど… リターン・プロテクションは1商品3万円、年間15万円までという縛りはあるけれど、全額返金を受け付けてくれるんです。嬉しいですよね。

もちろん、オンラインショッピングでの不正使用による損害も全額補償されます。似たような補償は、たいていどのクレジットカードにもついていますが、アメックスは、その対応がきめ細やかで速いと評判です。

おすすめポイント⑤ JCBとの加盟店連携でますます便利に! ポイントも意外と貯まる

昔は「アメックスは使えるお店が少ない」なーんて聞きましたけど、今は国内最大級の加盟店を持つJCBと業務提携をしているので、「JCBが使えるお店なら、たいてAMEXも使える」くらいに使える場所が増えています(一部を除く)。私もアメックスを使っていますが、たまーに使えない場所があるくらいで、ほとんど問題なく使えています。

そして、利用金額100円につき1ポイント貯まるので、意外なことにポイントも貯まりやすいです。一般的なゴールドカードは、1000円で1ポイントのことが多いですからね。無駄なく貯められるのは好印象です。貯めたポイントは、10000ポイントで5000円分のショッピングクーポンや、4000円分の楽天ポイントやTポイントに交換できます。航空会社のマイルは2000ポイント=1000マイルです。このままだと、還元率は一般的なクレジットカードくらい(0.5%前後)ですが、メンバーシップ・リワード・プラス(3150円)に登録すると、1000ポイント=1000マイルで交換できるようになるので、航空会社提携カード並みのマイル交換率の良さになります。ポイントの有効期限は3年間。でも、一度でも交換すると無期限になるシステムなので、じっくり貯められるのも嬉しいところです。

また、マイル利用が主であれば、JALアメリカン・エキスプレス・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・カード、アメックス・スカイ・トラベラーカードなど、各航空会社と連携したカードも発行されているので、じっくり比較して選ぶと良いでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードの残念な点

アメリカン・エキスプレス・カードの残念な点は、やはりその年会費の高さです。アメックスには、ゴールドカードのアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードや、プラチナカードのアメリカン・エキスプレス・プラチナカードなどのラインナップが用意されていますが、一般カードのアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)でも他のクレジットカードに比べて、年会費が圧倒的に高額となっています。ただ、その充実したサービスを使いこなせば、むしろおつりがくるくらいなのも事実。持つ人を選ぶカードではありますが、旅行やグルメ、エステにショッピングなど生活を楽しみたい人なら普段よりワンランク上のサービスが受けられる1枚として持っておきたい1枚でしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードの種類と特徴

主要なアメリカン・エキスプレス・カード 特徴
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード

年会費12600円
家族カード6300円
100円=1ポイント
一度のアイテム交換でポイント有効期限は無期限
ポイント還元はポイントで支払い、アイテム交換
マイルや提携ホテル・グループのポイント移行可能

<トラベル>
旅行傷害保険(最高5000万円)
空港ラウンジ(同伴者1名も無料)
手荷物無料配送サービス
エアポート送迎サービス
プライオリティ・パス
空港クロークサービス
空港ポーターサービス
エアポート・ミール
海外用レンタル携帯電話特別割引
空港パーキング
海外旅行先での日本語サポート
旅のオンライン予約サイト「エクスぺディア」優待

<プロテクション>
オンライン・プロテクション
ショッピング・プロテクション(最高500万円)
リターンプロテクション
カード盗難・紛失の場合の緊急再発行

<エンタメ&ショッピング>
コットンクラブ
新国立劇場
チケット・アクセス
ダイニング・ア・ラ・カード
アメリカン・エキスプレス・セレクト

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費27300円
家族カード12600円
ポイントプログラムはグリーンカードと同じ

<トラベル>
旅行傷害保険(最高1億円)
グリーンカードのサービスに、「航空便遅延費用補償(海外旅行)」が追加される。

<プロテクション>
グリーンカードのサービスに、「キャンセル・プロテクション」が追加される。

<エンタメ&ショッピング>
グリーンカードのサービスに、「ゴールド・ワインクラブ」、「京都観光ラウンジ」が追加される。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

年会費136500円
家族カード無料(家族4名まで)
ポイントプログラムはゴールドカードと同じ。ただし、ポイント交換率がアップするメンバーシップ・リワード・プラスに無料で登録可能(通常3150円)

<トラベル>
旅行傷害保険(最高1億円)
ゴールドカードのサービスに加えて、無料宿泊チケット、プライベートクルーズ割引レンタル、提携ホテルでのルームアップグレードや特別待遇等の優待を中心に20以上のサービスが提供される。

<プロテクション>
ゴールドカードのサービスを含めて、身の回り品の盗難・破損補償や個人賠償責任保険など10以上のプロテクションサービスが提供される。

<エンタメ&ショッピング>
ゴールドカードのサービスに加えて、24時間対応してくれるコンシェルジュサービス「プラチナ・コンシェルジュ・デスク」他、10以上のサービスが追加される。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード

年会費7350円
家族カード2625円
100円=1ポイント=1マイル
ポイント移行コースに登録すると有効期限は無期限
ANAグループでのカード利用でポイント1.5倍
入会時に1000マイル、継続毎に1000マイル
ANA航空券に交換可能

<トラベル>
旅行傷害保険(最高3000万円)
空港ラウンジ、手荷物無料宅配、空港クローク、空港パーキング、海外旅行日本語サポートのみ。

<プロテクション>
グリーンカードとの違いは、ショッピング・プロテクションが最高200万円で、リターン・プロテクションがない。

<エンタメ&ショッピング>
グリーンカードのサービスの中で、コットンクラブと新国立劇場がない。

アメックス・スカイ・トラベラーカード
アメックス・スカイ・トラベラーカード

年会費10500円
家族カード5250円
100円=1ポイント=1マイル
ポイントの有効期限は無期限
航空券購入代金のポイントは3倍
ファーストフライトボーナス5000P、継続毎に1000P
ポイントをマイルに移行可能

<トラベル>
旅行傷害保険(最高3000万円)
グリーンカードのサービスのうち、空港ラウンジ、手荷物無料宅配、空港パーキング、海外旅行日本語サポート、エクスぺディアのみだが、グリーンカードにない「航空便遅延費用補償(海外旅行)」が追加されているのが嬉しい。

<プロテクション>
グリーンカードとの違いは、ショッピング・プロテクションが最高200万円で、リターン・プロテクションがない。

<エンタメ&ショッピング>
グリーンカードのサービスの中で、コットンクラブと新国立劇場がない。

JALアメリカン・エキスプレス・カード
JALアメリカン・エキスプレス・カード

年会費6300円
家族カード2625円
200円=1マイル
(ショッピングマイル・プレミアム年会費3150円入会で100円=1マイル)
入会搭乗ボーナス1000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1000マイル
搭乗毎のボーナス区間マイルの10%プラス
利用ボーナスあり

<トラベル>
旅行傷害保険(最高3000万円)
空港ラウンジのみ。
銀聯カードの発行可能。

<プロテクション>
ショッピング保険(最高200万円)のみ。

<エンタメ&ショッピング>
アメリカン・エキスプレス・セレクトのみ。

 

アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちら

 

お客様の口コミ

*別に見栄を張りたいわけではありませんが、ステータスの高いカードってカッコいいので、一度は持ってみたいと思っていました。そんなに審査は厳しくないのか、無事に審査も通り、これで憧れのアメックスホルダーです。友達からも「アメックス持ってるなんてスゴイ」と言われて大満足。これから大事に使います。(20代 男性)

*年会費で1万円くらいかかりますが、旅行系のサービスを使えば全然元が取れるので、私は高いとは思いません。保険も充実しているので、月に1000円くらいの安心料と思えば安いものです。デスクでの電話も携帯電話からOKですし、私は満足しています。(30代 男性)

カードスペック表

カード名 アメリカン・エキスプレス・カード
申込み資格 原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある方。他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞のない方。
提携カード amex
ポイント付与 100円 = 1p
ポイント還元率 交換する商品によるが、大部分のアイテムは 0.4~0.6%
入会金 入会金無料
年会費 12600円
家族カード 6300円
ETCカード 初年度無料 2年目以降525円(年1回の利用で無料)
審査時間 最短10営業日
発行時間 最短10営業日
限度額 個別に設定
支払い方式 1回払い、分割払い、ボーナス一括払い
分割払い(年率) 14.9%
リボ払い(年率) -
キャッシング(年率) -
締め日 毎月20日
支払日 翌月10日(一部21日・26日)
保証人 原則不要
必要書類 身分証明書の(運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票など)の写し
金融機関名 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
住所・所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
電話番号 0120-020222 (新規カードお申し込み専用窓口)
貸金業登録番号 関東財務局長(10)第00405号
日本貸金業協会会員 第002141号

■■■ 関連記事 ■■■

いつもの「ショッピング」でお得に!はこちら
「海外・国内旅行保険」が付いてくるカードはこちら
やっぱり「マイル」を貯めたい!はこちら

あわせて読みたい人気の記事