アコムマスターカード

どうしてもクレジットカードが欲しい方へ
最短即日発行!
マスターカードの標準デザインでスマートに♪

アコム発行のカードでカードが手に入れやすい
クレジットヒストリーを積みたい方に最適♪
むじんくんを使えば最短即日発行

アコムマスターカードは、キャッシングのアコムの発行しているクレジットカードです。
年会費無料、マスターカードとして国内外で使えるれっきとしたクレジットカードで、パートやアルバイトなどの方でも一定の収入のある方なら申し込み可能となっている。

年会費永年無料還元率ポイントなしマイレージなし
発行期間最短即日発行国際ブランド海外旅行保険なし
ETCなし利用枠10万~300万円国内旅行保険なし
電子マネーなし電子マネーチャージポイントなしショッピング保険などなし

↑↑ 公式サイトで「カード発行診断(無記名)」ができる ↑↑

アコムACマスターカードが選ばれる理由

  • パート・バイトなどでも一定の収入のあれば申込み可能
  • ほかのカードの審査に落ちてしまった人に人気
  • 審査に通りそうか無記名で診断できる
  • アコムのカードとは気づかれない!
  • ネット申し込みとむじんくん利用で最短即日発行が可能!


→公式サイトはこちら

おすすめポイント①
クレジットヒストリーを積みたい方にも!申し込みやすいカード

アコムマスターカードは、どうしてもクレジットカードを作りたい人や、ほかのカードの審査に落ちてしまった人に人気が高いカードで、比較的手に入れやすいカードと言われています。
後々ほかのクレジットカードを手に入れるために、今はアコムマスターカードでコツコツ延滞なく利用を続けてクレジットヒストリー(利用実績)を積もうという人もいるようです。

クレジットカードを申し込んでも、いつも審査が通りにくいケースがあります。
これは、審査が通らないばかりに一定期間に何枚も続けてカードを申し込んでしまったケースが多く見受けられます。

アコムマスターカードは比較的審査が通りやすいカードとして非常に人気があり、実際に通りやすいようですが、確実に手に入れるためには申し込みのタイミングにも注意しましょう。

 

おすすめポイント②
ブルーとシルバーのカードデザインでスマートに♪

アコムマスターカードは、マスターカードの2色の標準デザインを採用しているので、アコムのカードとは気づかれず、スマートに利用することが出来ます。

また、国際ブランドはマスターだけですが、VISAが使えるお店ではほとんどマスターカードが利用できるので、国内外で心配なく利用できます。

 

おすすめポイント③
ネット申し込みとむじんくん利用で最短即日発行が可能!

アコムマスターカードのHPには、発行が可能かどうかを調べる審査の3秒診断のシステムがあり、実際の申し込みをすると30分程度で審査結果が連絡されて来ます。
少しでも早く受けとりたい場合は、アコムの無人契約機「むじんくん」での受け取りを選択すると、その日のうちにカードを受け取ることが出来ます。

自宅郵送を希望した場合も、翌々日発送なのでスピーディーに受け取り可能です。

 

アコムマスターカードのお申込みはこちら

 

お客様の口コミ

*アコムマスターカードはリボ払い専用なので金利が気になる人もいる用ですが、コンビニATMや店頭などで一括返金が可能なので、上手に利用すれば無駄がありません。素早い発行で助かりました。(30代・女性)

*なかなか審査が通らずクレジットカードを所持することが出来なかったのですが、このカードは即日発行で素早く手に入れることが出来て感激しました。無理せずコツコツと利用実績を積んで、何年か後にはグレードアップして他社のカードも持てるようになりたいです。(20代・男性)

 

カードスペック表

カード名 アコムマスターカード
申込み資格 20歳以上で安定的な収入のある方
提携カード master
ポイント付与 なし
ポイント還元率 0%
入会金 無料
年会費 無料
家族カード なし
ETCカード なし
審査時間 最短即日
発行時間 最短即日
限度額 10万~300万円
支払い方式 定率リボルビング払い
分割払い(年率) -
リボ払い(年率) 14.6%
キャッシング(年率) 3.0~18.0%
締め日 毎月20日
支払日 翌月6日引き落とし
保証人 原則なし
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
金融機関名 アコム株式会社
住所・所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
電話番号 0120-07-1000
貸金業登録番号 関東財務局長(11)第00022号 日本貸金業協会会員 第000002号

■■■ 関連記事 ■■■

今すぐ欲しい!「即日発行」で選ぶなら・・・はこちら

やっぱり「年会費無料」が大前提!はこちら

「リボ払い」を上手に使おう!はこちら

あわせて読みたい人気の記事